働きながらでも、無理なく「介護福祉士」受験資格を取得

八戸社会福祉専門学校 介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修とは

実務者研修の目的

現在、高齢社会が急速に進行し、福祉や介護に対するニーズがかなり高まってい ます。そのうえ介護職員は、より専門的かつ高度な技術が求められているのが現状です。そこで本研修では将来介護福祉士を目指す方が、より質の高い介護サービスを提供できるように、実践的な知識と技術の習得することを目的としています。

実務経験ルートで介護福祉士の国家試験を受験できます

実務経験者は「介護福祉士実務者研修」の修了と実務経験3年以上で受験資格が得られます。

●実務経験ルートでの「介護福祉士」資格取得の流れ

※実務3年に満たない初任者の方、まったくの未経験者の方でも実務者研修は受講可能です。

介護福祉士実務者研修を修了すると

上記の通り、「介護福祉士実務者研修」は、介護施設等での実務経験者、またはこれから介護の現場で働こうという方が、介護福祉士の国家試験を受験するために必要な研修ですが、修了することで介護福祉士国家試験の合格に関わらずメリットがあります。

  • 訪問介護事業所でサービス提供責任者になることができます

    サービス提供者とは、訪問介護事業者で、訪問介護要員のコーディネート、訪問介護計画書の作成等の業務を行う在宅介護の要の仕事です。

  • 医療的ケアの基本研修・演習が修了できます

    実務者研修では、「喀痰吸引」「経管栄養」「救急蘇生法」の医療的ケアの基本研修・演習を学ぶことができます。

  • 実務経験3年未満の方でも受講できます

    将来的に介護福祉士資格を取得したい場合、実務経験が3年未満、もしくは未経験の方(満16歳に達した方)でも受講できます。

ページの先頭へ戻る