教育・保育の基本および目標

重点教育目標

  • 共生の喜びを感じる事のできる子どもを育てる
  • 新世代に対応できる子どもを育てる

将来へつなぐ明るさを求めて、子ども達が差し出す手をいつでも笑顔でにぎり返してあげられる事をスタートに、保育に励んでまいりたいと思います。

年長組の重点ポイント

豊かな人間関係を築き、その中で自分らしく行動し、表現することの楽しさを知るとともに、相手の良さを認め、思いやる心を育てる。

年中組の重点ポイント

3年保育
園生活を楽しみながら、自分たちで遊びを進めていく楽しさを味わう

2年保育
園生活に慣れ、好きな遊びや、やりたい事を見つけ、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。

年小組の重点ポイント

園生活をのびのびと送りながら、好きな遊びを見つけ、友達と共感しあったり、ぶつかり合う中で、自分や相手の気持ちに気付きながら、友達と遊ぶ楽しさを知っていく。

基本的教育及び保育目標

1[健全な心身の基礎を培う]
健康・安全及び幸福な生活を送るための基本的な生活習慣や態度を身に付ける。
2[自立・協調性・道徳心]
・自己主張と他人への配慮のバランスがとれる心を持つ。
・人とのかかわりの中で、人に対する愛情、信頼及び人権を大切にする心を持つ。
・他人の心の痛みを、自分のこととしてとらえることができる心を持つ。
3[身近な事象への興味・関心]
自然などの身近な事象への興味・関心を持つように育て、それらに対する豊かな心情及び思考力が芽生えるようにする。
4[言葉への興味・関心]
日常生活の中で、言葉への興味及び関心を持つように育て、喜んで話したり聞いたりする態度及び豊かな言葉の感覚を養う。
5[創造性]
多様な体験を通して豊かな感性を持つように育て、創造性が豊かになるようにすること。
6[小学校との連携]
子どもの発達及び学びの連続性を確保する観点から、小学校における教育への円滑な移行に向けた教育及び保育の内容の工夫を図り、小学校における教育との連携を通じてその質の向上を図る。

認定こども園として特に留意すべき目標

1[情緒の安定]
十分に養護の行き届いた環境の下に生命の保持を図り、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な要求を適切に満たす。
2[異年齢保育について]
認定こども園の利用を始めた年齢の相違により集団生活の経験年数が異なる子どもがいることに配慮した、また、子どもの発達の連続性を考慮した一貫性のある教育及び保育を行う。
3[教育及び保育の内容についての工夫]
以下の各項について、一人一人の子どもの状況に応じ、教育及び保育の内容について工夫をする。
  • 子どもの一日の生活の連続性
  • 子どもの一日の生活の時間的な規則性の多様さ
  • 保護者の就労状況等の生活様式の反映
  • 子どもの利用時間及び登園日数の相違
4[教育及び保育の環境の構成]
認定こども園における園舎、保育室、屋外遊技場等、遊具、教材等教育及び保育の環境の構成に当たっては、次の各号に掲げる事項に留意する。
  1. 満三歳未満の子どもを含む就学前までの様々な年齢の子どもの発達の特性を踏まえ、満三歳未満の子どもについては十分に健康、安全及び発達が確保されるよう、満三歳以上の子どもについては集団による活動の充実、異なる年齢の子どもによる交流等が図られるよう工夫すること。
  2. 利用時間が異なる多様な子どもがいることを踏まえ、満三歳未満の子どもについては睡眠時間等の個人差に配慮し、満三歳以上の子どもについては集中して遊ぶことのできる環境及び家庭的な雰囲気の中でくつろぐことのできる環境を適切な調和がとれたものとして構成するよう工夫を行うこと。
  3. 子どもとその教育及び保育に従事する者との信頼関係を十分に築き、子どもとともによりよい教育及び保育の環境を創造すること。
5[長・短時間利用児の教育及び保育の内容の相違について]
共通利用時間の両者において、幼児期の特性を踏まえ、人やものなどと十分にかかわることのできる環境を通して教育活動を行い、その充実を図る。